悪玉コレステロールを下げる食事

コレステロールは血液中に溶け込んでいる脂肪の一種で、それ自体は体の組織の細胞膜を形成するなどのはたらきがあるため、まったくなければよいというものでもありません。しかし、同じコレステロールであってもはたらきの違いをもつものがあり、過剰になりすぎると血管の壁にこびりついて、血液の流れをかえってじゃましてしまうようなものもあります。これが世にいう悪玉コレステロールであり、特定の食生活をしていると増加しやすく、動脈硬化の原因にもなり、ひいては心臓病や脳梗塞といった、生命にかかわるような病気になってしまうことさえ考えられます。

まずは食生活についてですが、体に負担をかけ、必要のない栄養素まで摂り込んでしまうような暴飲暴食は避けるとともに、肉類中心の脂質が多い食事にかたよったメニューもひかえたほうがよいとされています。それとともに、悪玉コレステロールの値を上昇させてしまうたばこのような嗜好品はやめ、ストレスを適度に発散したり、ウォーキングなどの有酸素運動を行うこともたいせつであるといえます。

個別の食事に関してですが、実は悪玉コレステロールを減らすとともに、こうした余分なコレステロールを回収するはたらきをもつ善玉コレステロールを増やすような食品がありますので、コレステロール値が気になっている人は、こうした食品を中心としたメニューに改めるとよいでしょう。たとえば、頭の回転をよくするといわれているDHAなどを豊富に含んだサバ、イワシなどといった青魚や、オメガ3とよばれる脂肪酸の一種を手軽に摂取できるクルミなどのナッツ類、エゴマ油などのある種の油類、水溶性の食物繊維の代表格であるにんにく、ごぼう、オクラなどの野菜類がおすすめといえます。もしも毎日の食事で摂取することが難しいという場合には、こうした成分を含んだサプリメントを併用するなどして、足りない部分をおぎなうというのもひとつの方法といえます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>